波動エネルギー療法

波動エネルギーとは電磁波であり、放射線でもあり、2次宇宙線を体内に取り入れて、凝縮して手から出すエネルギーになります


波動エネルギーを身体の不調な部分に入れることで、痛みを改善させます。

見えないエネルギーなので、効果は、改善実績でしか説明できません。

 

【当院で改善できた症例】

腰痛 首痛 むち打ち 肩痛 肩こり 五十肩 頭痛 目の奥の痛み 膝痛 座骨神経痛 指の麻痺 生理痛

その他の症例は、当院に来院されてきていませんので、効果は確認されてません。

施術回数は、80%の方は、3回で改善されています。

 

当院では、通常施術も行っていますが、施術回数で比較すると3倍以上の効果が波動エネルギー療法にあります

 

信じられないでしょうが、当院の実績は、そうです。

参考に通常施術と波動エネルギー療法の施術動画見比べて下さい。

通常施術 症例 腰痛 座骨神経痛 左足痺れ

 

 

波動エネルギー療法 症例 首肩腰痛 頭痛 めまい

 

 

波動エネルギー療法の説明

高い周波数を持った電磁波です。

なので、人間の眼には見えないのです。

人間の眼は、赤から青色の光の400から800nmの電磁波しか見えないのです。

波動エネルギーは、0.4nmよりもっと高い電磁波なので、当然見えません。

 

人間は、眼からの情報を得て、信じるかどうか決めるので、大多数の人は、信用しません。


しかし、人間も見えない電磁波を応用した電子レンジは、信じます。


それは、チンするとあったまっているからです。

見えなくても、結果があれば、原理がわからなくても、再現性があれば信じてくれるのです

なので、私は、身体の不調を改善することで、信用してもらえるようにしています。

 

★電磁波を理解する

基礎知識1  放射線影響研究所 資料より抜粋

電磁波(放射線)=空間を伝わっていくエネルギーの流れである  (近藤宗平)


放射線の波長が紫外線よりももっと短くなる(エネルギーが高くなる)と、身体を通り抜けるようになります(X線、ガンマ線)。

衣服を着ていても関係ありません。

アルファ線、ベータ線、ガンマ線は、原子核から出る放射線ですが、X線は高速の電子を金属にぶつけた時に出てきます。


ポイント
●波動エネルギー=電磁波(放射線) 紫外線より波長がみじかくなると、身体(物質)を通過する。

●私の物質通過実験でも通過するのが、確認できていますのでX線、ガンマ線以上の高い波長になります。

何度も言いますが、眼では、見えません。

人の眼で確認できるのは、上の表の可視光部分です

 

★人間は、放射線を出していることを理解する

基礎知識2 放射線影響研究所からの抜粋

放射能は、放射線とは違うの?

放射能と放射線とは違います。
放射能とは、不安定な原子核が放射線を出しながら別の原子核に変わっていく(こわれていく)性質のこと


つまり、原子核の崩壊
だから、放射能の強さは、1秒間あたり何個原子核がこわれるかで表すことにしています。

放射能の強さと放射線の強さは同じではありません。
1秒間あたり1個崩壊=1ベクレル

自然にも放射線はあります!

地球で生活する以上、必ず少しの放射線を受け続けています。


もし高地で生活すると、宇宙線からの被ばくが増えます。

(富士山頂では平地の5倍)外国旅行でジェット機に乗ると、日本とニューヨーク往復で0.1ミリシーベルトくらいの被ばくがあります。

大気には宇宙線をさえぎる作用があるのです。


体の中で最も多い放射性元素:カリウム40
体内のカリウムは130グラムあり、その0.012%は放射性カリウム。
つまり私たちの体内では毎秒4,000個のカリウム原子核が崩壊して常にベータ線を出していることになります。


いいですか。

人間は、体内に取り込んだ放射線元素から放射線を出していることを理解しましたね。


★波動エネルギーの元になってるものを理解する

東京大学宇宙線研究所より抜粋


宇宙線とは、宇宙空間を高エネルギーで飛び交っている極めて小さな粒子のことをいいます。



地球にも多くの宇宙線が到来しており、大気に衝突して大量の粒子を生成し、地表に降り注いでいます。



これらの粒子は、日常的に私たちの体や岩をすり抜けて地中に突入しています。


このミクロな粒子の正体は、物質を構成している原子核や素粒子などの粒子です。

原子核とは原子の中の電子を剥ぎ取ったときに残る電気を帯びた粒子で、陽子と中性子でできています。


宇宙線として降ってくる粒子のうちおよそ90パーセントは陽子1個でできた水素原子核、およそ9パーセントが陽子と中性子が2個ずつでできたヘリウム原子核、そしてほんの1パーセントが素粒子やヘリウム原子核よりも重たい原子核になります。



これらの粒子は大変高いエネルギーで飛び交っているため、「放射線」とも呼ばれています。


宇宙に起源する宇宙線を一次宇宙線、大気と反応して生成する大量の粒子を二次宇宙線と呼びます。


地球大気に猪突する一次宇宙線は、空気中の酸素分子や窒素分子と反応を起こすと、その高エネルギーに依り原子核を破壊し、中間子と呼ばれる新たな粒子を多数生成します。


生成された中間子もまた高速で周りの原子核に衝突しさらに多数の中間子を生成し、粒子の数をねずみ算的に増幅しながらエネルギーを落としていきます。


このうち寿命が短いものはすぐに「崩壊」し、最終的には、1,000億個もの比較的エネルギーが低いミューオン、ニュートリノ、中性子、ガンマ線や電子・陽電子となって数百平方メートルの地上に降り注ぐのです。


この二次宇宙線のシャワーを「空気シャワー」と呼びます


私は、2次宇宙線(空気シャワー)こそが、波動エネルギーの元と考えています。


これを、自分の体内に取り入れ、凝縮して出している。

これが波動エネルギーの正体だと思っているのです